適応障害の症状をチェックしよう~医師やカウンセラーの力を借りる~

職場環境の大きな変化

男性

職場が原因で

遅刻や欠勤が多くて働けない、集中力が続かず仕事に支障が出てしまう、会社のことを考えてしまうと息が苦しくなってしまう、最近職場を理由としてこのような不調を抱えている人が多くなってきています。この症状が深刻化してしまうと生活に支障をきたす状態になってしまいます。これが職場不適応障害です、特定の社会環境や日常生活に適応できないで、いろいろな心身の不調を起こしてしまう精神疾患を適応障害と呼んでいます。この適応障害が仕事や職場をきっかけにしておこり社会生活に支障をきたしてしまう精神的な不調を、職場不適応障害と呼んでいます。職場の人間関係に悩み通勤ができないほど落ち込んでしまうなどはその一例です。また仕事の内容や勤務の形態が合わず、心身症を引き起こしてしまうこともあります。症状は気分が沈んでしまって何もできなくなってしまううつ症状や、極度の緊張、不安、絶望感が出てきます。引きこもりが起こってくることもあります。こうした不調は職場でストレスを受けてすぐに発症するのではなく、重苦しい思いを数週間や数か月も抱えた結果、発症に至ることもあります。職場が原因だと気が付かないこともあります。原因がわからないとなかなか良くならず症状が半年以上続くことも珍しくはありません。しばしば聞かれることが多くなってきているこの職場不適応障害ですが、近年では厳しい雇用状況を反映した職場環境が原因になって、増加の一途をたどっている障害になっていますので注意が必要になってきます。

うつ病になる前に

職場不適応障害を発見するためには、次のような兆候がないかチェックしてみる必要があります。働き甲斐を見つけられず遅刻や欠勤が多い、集中力が続かず納期に間に合わない、気分が憂鬱で出勤がおっくう、会社のことを考えると頭が痛くなる、出社しなければと思いながらもベッドから起き上がれない、床に入ってもなかなか寝られない、上司の顔を見ると気分が悪くなる、勤務中に不安に襲われ動けなくなる、勤務中に過呼吸になるなどいろいろな症状のチェックをしてみてください。当てはまるものが三つ以上あればそれば、それは職場不適応障害です。日常的にこれらのチェックを行って適応障害にならないようにすることが大切です。重くなってくるとうつ病になってきますので、日ごろのチェックは忘れないように行うようにしてください。うつ病になってしまうと仕事熱心だった人が仕事への意欲や関心を失ってしまったり、簡単な仕事でもミスが目立って来たり、自分は無能だと責めたり後悔の言動が目立つようになってきてしまいます。うつ病になる前の適応障害の時点で症状を食い止めることが重要になってきます。職場不適応障害が多くなっている背景には、労働者を取り巻いている環境の変化があります。働いている側に求められる能力が一昔前に比べて大きく様変わりしてしまったことが考えられます。肉体的な労働力から情報や知識、サービスを提供する専門性が高い労働力を必要とするようになったために適応障害がおこってくるものと考えられています。