適応障害の症状をチェックしよう~医師やカウンセラーの力を借りる~

ストレス社会が原因の病気

男の人

ストレスが原因で発症するのが適応障害です。問題行動を起こしたり、身体的症状を発症することもあります。適応障害かどうかをセルフチェックする方法もありますが、個人差があるので不安な場合は医師の診察を受けるのが一番です。治療法はストレスの原因を取り去ることです。

Read

ADをどう見極めるのか

悩む女性

「AD」という言葉をテレビや雑誌などの媒体で聞いたことがあるという方はいるかと思います。ADとは、適応障害のことであり、英語での単語の Adjustment disorder の頭文字をとったものです。適応障害とは具体的にどういったものであり、またその症状であることをチェックできる様にするにはどのようなことを知るべきでしょうか。正しく適応障害のチェックが可能となれば、いざあなたの身近な人が症状に苦しんでいるのであれば、必ずその人にとって救いとなります。適応障害とは、ある特定の原因からその人にとって強烈な憂鬱感や不安などの苦痛から気分や行動面に現れます。動悸やめまい、汗をかいたり、幼児化する症状がみられます。情緒的な障害が起き、無断欠席、喧嘩、万引きなど社会的規範から離脱した行動にまで発展することがあります。社会生活に支障をきたし、生活力の低下、学力低下、また就業や就学が困難にあるケースもあり、放っておくと危険であります。またそのひとだけでなく、そのひとを取り囲むひと達にも社会的に甚大なる影響をおよぼしかねません。引き金となる状況や出来事が明確であるので、それから引き離すことができれば、その症状が軽減されるのが適応障害の特徴です。うつ病としばしば混同され、区別するためのチェックが難しいのですが、適応障害とはその原因となるものから距離をおくことができれば、症状は薄まります。それに対し、うつ病は環境を変わっても憂鬱状態がそのまま持続します。興味関心も喪失や不眠などの症状が長期的に続くのであればうつ病として判断できます。それだけで完璧にチェックができるではないのですが、判断基準として知っておくべきです。

その人を取り巻く環境を改善することができれば、多く適応障害の苦痛から解放させることが可能となります。しかし、環境の改善だけがストレスの要因となるケースである場合も存在し、周囲にも干渉できないこともあります。本人のストレスに対する適応力を高めることが治療に必要なステップとなります。それには認知行動療法が効果的です。認知行動療法とは、その人のストレス要因に対面した時に、バランスの良い考え方を持つことで、柔軟に対応できるようにすることです。物事の捉え方ひとつ工夫することで、ストレスを和らげることができ、気分を楽にできます。問題面を整理し、現実との思考のズレによって苦痛となるものを和らげることのできる考えを思いつけるよう訓練していきます。うつ病など精神病には抗うつ剤などの薬物を利用した治療の方法が存在します。しかし、適応障害はそれだけではうまく解決はできません。不安や不眠などからは解放はできるかもしれませんが、環境を整えることや医療機関を通じた適切なカウセリングが必要となります。適応障害の治療には、本人および周囲のひと達が、ストレスの原因を正しく理解し、根気強く長期的に継続していかねばなりません。適応障害に対し、対症療法的な治療を続けても、患者に変化が訪れればまた振り出しに戻ってしまいます。それでは本人の人生がつらい思いの連続となってしまうので、そうならないためにも変化に適応できる心づくりを行うことが重要なのです。医師やカウンセラーとの話し合いを行い、心の根底にある障害の要因を1つずつ治療していきましょう。

早期発見早期治療のために

女性

適応障害は自分自身だけでなく医師でも診断が難しい面があります。そこで頼りになるのが診断基準で、セルフチェックすることで早期発見早期治療につなげることもできます。適応障害の診断基準は、ストレスの原因がはっきりしていること、その原因から離れると症状が治まること、などがあります。頭に入れておきましょう。

Read

職場環境の大きな変化

男性

労働者を取り巻いている労働環境の急激な変化が起こっていることから、職場不適応障害が多くなってきています。普段から自分の精神状態をチェックすることを忘れないようにしてください。症状が重くなってくるとうつ病になってしまいます。

Read